PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガラスハゼの卵

ワラサの群れ

天候:晴れ
波高:風波あり
気温:24℃ 
水温:23度 
透明度:12m


最近キビナゴの群れを追うハンター達が目につきます。
今日も、イナダ・ワラサクラスのブリたちが右往左往していました
それほど大きな群れではありませんでしたが、動きがありなかなかの迫力です。


ガラスハゼのオスは、今日も卵を守っていました。
運がいいと産卵シーンも!なんて思って見に行ったのですが、それは残念ながら未確認です。

ガラスハゼと卵
ヤギにプツプツしたものがうみつけられています。これが卵。

同じハゼでも下のセホシサンカクハゼなど、砂地のハゼたちとは大違い。

セホシサンカクハゼ
↑石の天井に産み付けられています。  ※ 写真は昨日のものです。

きれいな緑色のカミソリウオのペアです。
メスのヒレのなかには卵があるようですね。
袋状になっており、膨らんだり縮んだりと、中に水を送り込んでいました。

カミソリウオのペア


明日からエキジット時間が15:00となってしまいます。
イゼエビの漁期に入るからです。
ダイビング時間が短くなってしまうのはとても残念です。
夕方に見られていた「あんなこと」「こんなこと」もまた来年までお預けですね。
エントリー看板



ブログランキングに参加しています。下のバナーをclickしてくださいね
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ 人気ブログランキングへ

| 伊豆海洋公園 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://himasen01.blog76.fc2.com/tb.php/18-bfe43d6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。