PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛のオビアナハゼ

オビアナハゼ
天候:晴れ
波高:風波あり後うねり高い
気温:26℃ 
水温:23度 
透明度:12~18m

連休最終日となりました。
弱いうねりはありましたが、おおむね良好の海。
天気も良くて、絶好のダイビング日和です。

キンギョハナダイの群れがスゴいのはいうまでもありませんが、それにキビナゴの群れも加わり、
イナダの編隊がそれを襲うシーンなどは、さながら「DEEP BLUE」でした。エキサイティング!!


オビアナハゼが賑やかです。
オスがメスを追いかけていた(写真TOP)ので、しばらく観察していたのですが、
交接シーンは残念ながら確認できませんでした。

でも、ゴロタの隙間から出てきた二人は満足気(?)。
おそらくコトはおわったと思われます。




徐々に南からの子供たちも現れてきています。

ツユベラの幼魚。
ツユベラ

オキナワベニハゼも子供があちらこちらでめだちます。
オキナワベニハゼ

かわいい生物がたくさん来れば良いですね♪




この夏はずいぶん通ったグリーンシャトーのアカイソハゼたち。
近ごろ、恋の季節が再燃気味です。

おそらく穴の中に卵を守るオス。
アカイソ_オス

まわりで井戸端会議中の第一、第二夫人。
アカイソ_メス

「どっちでも良いから早く来いっっ!」ベッドインをせかす(?)オス。
アカイソ_オス出

しばらく楽しめそうです



ブログランキングに参加していま~す。1日1回クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ 人気ブログランキングへ

| 伊豆海洋公園 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://himasen01.blog76.fc2.com/tb.php/27-06617e35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。