PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富墓林を偲ぶ

赤旗

天気は良いのに、波高し!!
伊豆海洋公園は潜水禁止です。

赤旗の向こうでサンタが「さようなら~~」

週末も心配です。


そんなわけで、
今日はダイビングはお休みとなりましたので、
久しぶりに床のワックスがけしてみました。

でもコレって仕上がりがけっこう地味で、
がんばった割にはみんなが気が付かないんですよね~~。
そこだけが残念。

でも、きれいになったと思います。











さてさて、ひょんなことから、今日12月4日が
トミー・ボーリンの命日だと知りました。

っていうか、彼のことを思い出したのは何十年振りかな?

知ってますぅ??

1976年にドラッグのために逝ってしまったロックギタリストです。

当時の最大メジャーバンド
「ディープパープル(※)」の2代目ギタリストだったのですが、
25歳って・・・ジョプリンやヘンドリクスでも29歳。
若すぎです。
・・・う~~む。やっぱり、ストップ ザ ドラッグ!ですね。

 (※)
  個人的にボクは、ツェッペリン派だったのですが、
  70年代のロック少年で、このバンドを知らない人はいないでしょうね。
  そのころのギター少年なら、100パーセント弾いた事があるとおもいます。

当時中学生だったボクも、
彼が参加した日本公演の「ライブアルバム」は持ってました。
すでにその時にはドラッグでボロボロで、
ソロとかはほとんど指が動かない状態・・・って言うのは有名な話でしたっけ。
ライブに収録されている「WILD DOGS」って彼自身の曲が異色で好きでした。

個人的には、スタジオ物「カム テイスト ザ バンド」はけっこう好きだったんですけどね。
1代目の根暗ギタリスト・リッチー・ブラックモアよりもアメッリカンで・・・。
(ファンの方がいたらごめんなさい)

来週はジョン・レノン、愛するリック・ダンコの命日もありますね。

では、富墓林(トミー・ボーリン)をしのんで、
当時のロック好き中学生にとって、
「君が代」よりも有名だった曲でも聴いてみましょう。



おまけに「WILD DOGS」も聴いちゃおうっっ!




週末の海回復を祈って(?)。。。 ↓ クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ 人気ブログランキングへ

| その他 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://himasen01.blog76.fc2.com/tb.php/96-ff745874

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。